やさしいパソコン入門TOP / 前節に戻る / 次節に進む
第7章

Excel入門

(13)書式のコピーと削除

11節で説明したように、セルは、文字や数値などのデータと、書式情報を別個に管理している(つまり、両方は独立した情報)ので、書式だけをコピーしたり、削除することが可能になっています。

◆ 書式のコピー

書式をコピーするということが、どういうことなのか理解するために、セルのコピーをしてみて、書式だけをコピーするのとどこが違うか比べてみましょう。

書式と通常のデータは、独立したものですから、 貼り付ける場所は、新規のセルでなく、すでに文字や数値が入力されている場所に、それらのデータを換えずに、貼り付けることだって可能です。また、形式を選択して貼り付けのダイアログボックスで、値を選択すると、書式の貼り付けではなく、値だけの(つまり、書式のほうを除く)貼り付けも出来ます。この書式のコピーは、使えないと非常に困ることが多いので、いろいろ自分で試して、しっかりマスターしましょう。

◆ 書式の削除

書式をいくつも設定すると、全て解除したいと思った時、書式設定ダイアログボックスで全て解除するのは、大変です。書式を全部、解除したい時は、メニューバーの編集→クリア→書式で、全ての書式をクリアすることが出来ます。