やさしいパソコン入門TOP / 次節に進む

第6章

Word入門

文字の装飾と同じように、Wordには、文字の配置についてもいろんな手法が用意されています。この節から、それらを一つずつ紹介していくことにしましょう。 まずは、段落番号と箇条書きです。

(4) 文字の配置(段落番号と箇条書き)

段落番号と箇条書きのどちらも、ツールバーの書式設定バーより行えます。

上の図のそれぞれのボタンをクリックすると、以下のようになります。

 

また、書式設定バーを使わず、メニューバーの『書式』⇒『箇条書きと段落番号』を選択すると、もっと細かい設定も出来ます。こちらのほうが実用的ですね。

※ 図は箇条書きの設定ですが、段落番号も全く同じ要領です。

段落番号や箇条書きをやめたい時は、改行して新しい番号あるいは記号が表示されたところで、最初に押した書式設定バーのボタンを再度クリックするか、バックスペースキーを押すことで解除することが出来ます。

なお、 第2節のオートコレクト機能のところで説明しましたが、もし、段落番号と箇条書きの項目にチェックが入っていれば、『1.〜』、『● 〜』などと入力するだけで、段落番号や箇条書きになります。