やさしいパソコン入門TOP / 次節に進む

第5章

ウインドウズをもっと便利に

(4)システムの復元(XPのみ)

 こんなことはあってはならないのですが、パソコンを長く使っていると、WINDOWSがおかしくなって、何をやっても正常に戻らないという状況に陥ることがあります。(パソコンを 2〜3年以上使ったことがある人なら、必ず一回は経験していると思う。)
 こんな状況になってしまうと、今までのWINDOWSなら、WINDOWSの再インストールするしか方法がありませんでした。しかし、そのWINDOWSの再インストールって、WINDOWSがパソコンを購入した時のまっさらな状態に戻ってしまうので、後が非常にたいへん。なにせ自分が設定したことやパソコンを購入した後にインストールしたソフトとか全部消えちゃうんですから。元通りにパソコンが復活するのに最低2、3日はかかっちゃいますよね。 パソコンが使えないよりはましだけど、まさに恐怖の再インストールです。

 ところが、WINDOWSのXPには、たいへんすばらしい機能が追加されました。それがシステムの復元。XPは、標準設定で3ヶ月分くらいまでさかのぼって、日々、システムの情報の記録を取っています。これがどういうことを意味するかといえば、WINDOWSがおかしくなった時、システムの復元機能を使えば、たいした手間もかからず、最高で、三ヶ月前のパソコンの状態と全く同じ状態に戻せるということです。 しかも、システムが過去のものに戻っても、自分が作ったデータファイルだけは、最近のものが消えずに残ります。使ったことがない人はピンとこないかもしれませんが、一回でもお世話になったことがある人は、XPにしてよかったなぁと実感することでしょう。ちなみに、この機能に僕は3回は救われたことがあります 。

 さて、そのありがたい『システムの復元』の操作の仕方を説明していきましょう。システムの復元は、スタートメニューより、すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→システムの復元で起動します。 なお、スキャンデスクやデフラグの時と同じように、動いているソフトは全て終了させて置いて下さい。

上の図がシステム復元の画面。システムを復元させるためには、この画面では何もせず、下にある『次へ』のボタンをクリックするだけでよい。すると、今度は、次のような画面が表示されるでしょう。

赤線で囲ったカレンダーで、自分がシステムを戻したいと思う日を選択。すると、右の枠にその日に作られた復元のポイントが表示されます。なお、復元ポイントは、何もせずとも一日一回くらいは自動的に作成されているし、なにかソフトをインストール した時も自動で作られるので、すごく安心です。なにかソフトをインストールした後、おかしくなったと思えば、そのポイントより前のポイントを選べばいい。この画面で、システムを復元したいポイントを決めれば、『次へ』のボタンをクリックします。

後は、確認の画面が表示されるだけ。この画面に書いてあるとおり、システムを復元しても、保存したドキュメントや電子メールなどの最新の作業を失うことはありません。これがホントにありがたいですね。この画面で『次へ』のボタンをクリックすれば、後はパソコンが再起動して、自動でやってくれますので、システムが復元するのを待ってるだけでいい。ただの再起動と違い、ちょっと時間がかかりますけどね。

以上。XPのパソコンを使っていれば、いずれ必ずお世話になるはずです。