やさしいパソコン入門TOP / 次節に進む

第3章

ファイルとフォルダ

(5)ファイルと拡張子

 ファイルの保存をやろうと思ったのですが、もう少しファイル自体のことについて、やらないといけないことがあったので、それから先にやります。

 ファイルは、ピリオドで区切って、ファイル名+拡張子という形で名前を付ける決まりになっています。ファイル名というのは、そのファイル固有の名前で、拡張子とはそのファイルがどういう種類のファイルかを表す文字列です。昔からの習慣で拡張子は、3文字であることが多い。
 以下は、実際に、よく使われるファイルです。WINDOWSは、拡張子が違うと別のアイコンで表示しています。なお、ファイル名の*(アスタリスク)は、不特定の文字が入るという意味の記号で、ファイルの検索の時などにも使用します。

プログラムファイル
ファイルの名前 アイコン 呼称
*.exe ソフトによって違う エグゼファイル
データファイル
ファイルの名前 アイコン 拡張子 呼称 備考
*.txt txt テキストファイル 文書ファイル
*.bmp bmp ビットマップファイル 画像ファイル
*.jpg jpg ジェイペグファイル 画像ファイル
*.gif gif ギフファイル 画像ファイル
*.wav wav ウェーブファイル 音楽ファイル
*.midi midi ミディファイル 音楽ファイル
*.doc doc ドキュメントファイル Wordの文書ファイル
*.xls xls 特になし Excelのデータファイル

 ところで、WINDOWSの画面を見ていて、ファイルは分かるけれど、拡張子なんてどこについてるの??と不思議に思う方がいるかもしれません。実は、拡張子は、WINDOWSの初期設定では表示させないようになっているのです。これは、多分、WINDOWSを製作したマイクロソフトが、初心者の人に少しでも難しい部分は見せないようにしようという配慮からでしょうが、はっきりいってありがた迷惑です。拡張子が表示されてないと、アイコンの絵だけで、それは何のファイルか判断しないといけないし、ちょっとしたトラブルが発生した場合になんかは、余計にややこしいことになってしまう。よって、初心者の人にとっても、拡張子は表示させる設定にしてあったほうが何かと便利なはずです。以下に、この設定の変更の仕方を示しますので、変更しましょう。

手順@ マイコンピュータを開く。
 
手順A 上段のメニューから、ツール→フォルダのオプションを選択します。

 
手順B フォルダ オプションという画面が開いて、さらに表示タグを選択する。

 
手順C そこの詳細設定の下のほうにある『登録されている拡張子は表示しない』のチェック欄をクリックしてチェックを外して、OKボタンを押せば設定が変更されます。

 

 ここまで。次節でいよいよファイルの保存についてです。