やさしいパソコン入門TOP / 次節に進む

第2章

文字入力について

(4)よく使われる記号(全角)

 ワープロなどで、文章の作成をしていると、たまに記号を入力したい時がありますよね。 そういう時、ある特定の単語を入力して変換してやると、記号を出すことが可能です。主に全角の記号となりますが、変換候補には半角も混ざってる場合もあります。
 ここでは、僕自身がよく使ってて、便利だと思えるものを紹介しておきます。 なお、IMEツールバーが‘’あ‘’の表示なっているのを確認して下さい。この状態でないと変換出来ません。 Aになっていたら、半角/全角キーを押して変更します。

「」、『』、()、‘’、【】、«»、〔〕、など。 「かっこ」→ 変換
※ 開きカッコと閉じカッコがセットで表示されます。
@、A、B、C、D ・・・ Sまで。 数字を変換
→、←、↑、↓、⇒、など。 「やじるし」→変換
「から」、「にょろ」→変換
「こめじるし」→変換
「ゆうびん」→変換
○、◎、●、など。 「まる」→変換
△、▲、▽、▲、など。 「さんかく」→変換
☐、■、◆、など。 「しかく」→変換
☆、★、☆彡、など。 「ほし」→変換
「あんど」→変換
× 「かける」→変換
÷ 「わる」→変換
「ぷらす」、「たす」→変換
「まいなす」、「ひく」→変換
〃、ヽ、々、ヾ、など 「おなじ」、「くりかえし」→変換
記号いろいろ。 「きごう」→変換
※困った時は、これを使う。記号が全部、候補に挙がってきます。
(^^♪、(T_T)、(^O^)/、など。 「かおもじ」→変換
※ネット特有の記号で顔を表す文字が候補に挙がってくる。

 これは探せば、いくらでも見つかりますので、自分でいろいろ試してみましょう。