やさしいパソコン入門TOP / 次節に進む

第2章

文字入力について

(3)よく使われる記号(半角)

 いきなりちょっと話がそれますが、パソコンが扱う文字には、半角文字と呼ばれるものと、全角文字と呼ばれるものがあります。大きさ的には、半角文字を横に2倍した大きさが全角文字のイメージ。通常、ワープロなどで文章を作成している時に使うのは、ほとんどが全角文字 です。半角文字は、例えば、メールアドレスやホームページアドレスなどコンピュータの技術的なものを記述する時に使うのが主。そういう時は、半角文字しか使えないルールになっているんですね。日本語特有のひらがな、漢字には全角しかありません。半角があるのは、カタカナ、アルファベット、数字、記号。しかし、そのうち、半角のカタカナは、めったに使いません。

 ここでは、初心者でも使う機会がありそうな、メールアドレスとホームページアドレスによく使われている半角の記号を紹介することにします。

 最初に、半角文字を入力するためには、キーボード左上隅にある半角/全角キーを押す必要があります。すると、第1章(8)デスクトップ画面についてのところで少し紹介しましたが、画面右下にあるIMEツールバーで、「あ」と表示されている部分が、「 A」という表示に変わり、半角文字が打てるようになります。

@メールアドレスでよく使われている半角記号

@

名称:アットマーク
使用例: abc@cdf.ddd.or.jp
備考: メールアドレスには必ず使われています。

.

名称:ドット
使用例: abc@cdf.ddd.or.jp (ちょっと見にくいかもしれないけど3つ)
備考: これはホームページアドレスにも必ず使われていますね。

-

名称:ハイフン
使用例: ab-cgg@cdf.ddd.or.jp
備考: これもHPアドレスでもよく使われる。

_

名称:アンダーバー
使用例: ab_cgg@cdf.ddd.or.jp
備考: これもHPアドレスでもよく使われる。これは、SHIFTキーを押しながら、右側のSHIFTキーの隣にある、ひらがなの‘ろ’と書かれているキーを押すと出ます。

Aホームページアドレスでよく使われている半角記号

/

名称:スラッシュ
使用例: http://www1.abc.com/
備考: 表計算のソフトでは、割り算の記号として使いますね。

:

名称:コロン
使用例: http://www1.abc.com/ (見にくいですがpの後に一つ。)
備考: 特になし。

~

名称:チルダ
使用例: http://www1.co.jp/~abc/ 
備考: 初心者でなくても、これの出し方が分からない人がたまにいる。SHIFTキーを押しながら、キーボード右上、ひらがなの‘へ’と書かれているキーを押すと出ます。また、チルダは、個人が作っているHPのアドレスに使われていることが多い。

 半角記号は、もちろん他にもまだまだありますが、とりあえずは、これだけ知っていれば、めったに困ることはないと思います。